本校の歩み|学校概要

80有余年に及ぶ、商業教育の実績〜県西部地区を中心に、卒業生1万6千人が活躍〜
創設者 荻原 閑(おぎはら しずか)
創設者 荻原 閑(おぎはら しずか)

大正13年、創設者 荻原 閑は、第1次大戦と関東大震災の日本経済混乱の時代に、実務教育を通して浜松の経済復興への貢献を志し、本校の前身となる会計事務員養成所(後の浜松経理専門学校)を設立しました。そして、企業の心臓部である経理分門の専門的知識・技能・資格を持ち、豊かな人間性を備えた人材の育成にその生涯を捧げました。

以来90有余年、創設者の意思を継ぐ教育のもと、1万7千人余の若者が巣立ち、県内外の経済・産業・文化の発展に貢献しています。

昭和47年、萩原 閑は、教育功労者として正六位勲五等双光旭日章を叙せられ、昭和59年には、産業教育100周年記念において、産業教育功労者として文部大臣から表彰を受けました。

学園のあゆみ

1924(大正13年) 荻原 閑 浜松市下池川町に会計事務員養成所設立
1927(昭和2年) 校名を浜松簿記学校と改称
簿記・珠算・タイプライター科設置
1945(昭和20年) 戦災で全校舎焼失
1946(昭和21年) 浜松市中沢町に校舎再建
1947(昭和22年) 校名を浜松経理学校と改称
1968(昭和43年) 昼間部本科3年制開始
昼間部本科高等科開始
1972(昭和47年) 荻原 閑 教育功労者として正六位勲五等双光旭日叙勲
1976(昭和51年) 校名を学校法人浜松経理高等専修学校と改称
1978(昭和53年) 高等課程、専門課程、一般課程を完備する県下唯一商業系専門学校となる
法人名を清徳学園、校名を浜松経理専門学校と改称
1979(昭和54年) 文部大臣指定の高等学校技能連携校となり、高等課程全員が九州商業高等学校通信制課程(現福智高等学校通信制課程商業科)に在籍、高等学校卒業資格を取得できることとする
1984(昭和59年) 荻原 閑 産業教育功労者として文部大臣表彰を受ける
1997(平成9年) 浜松市三幸町に高等課程新校舎竣工
2004(平成16年) 高等学校設置計画の承認
2006(平成18年) 学校法人清徳学園 浜松啓陽高等学校 開校
第1回入学式挙行
2009(平成21年) 第1期生卒業
2015(平成27年) 創立10周年記念式典挙行
2016(平成28年) スクールバス運行開始
学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS TEL 053-420-0431 FAX 053-420-0434