お知らせお知らせ

就職「内定」の喜び ー就職内定者報告会ー

[お知らせ] 2021/11/12

11月12日(金)、3年生の就職内定者84名が、報告会を行いました。2年次までは、漠然と考えてきた自分の「進路」でしたが、3年生になって一人ひとりが自らの「進路」に向けて考え、悩み、そして幾つもの壁を乗り越えて、今日、この場に立つことができました。

内定者のそれぞれは、非常に凛々しく、安堵感、喜び、そして希望に満ち溢れている表情をして見えました。

報告会では、進路先の期待に応える決意とともに、残りの高校生活の充実に向けた気持ちも確かめ合いました。

生徒を代表して、髙橋花奈さんが報告ともに感謝の言葉を述べました。また、青嶋校長からお祝いのメッセージがありました。

 

〈髙橋花奈さんの言葉〉

希望していた事務職に就け、嬉しさでいっぱいです。

就職試験へ向けた準備として、一般常識や面接練習に力を入れてきましたが、内定をいただいた最大の理由は、「おはようございます」という挨拶が、自然にできたことでした。

試験当日、外で働いている方に、普段と同じように「おはようございます」と、私が挨拶した場面を、偶然、面接官の方が見ていてくださり、面接の時にそのことを褒めていただきました。

挨拶は、簡単なコミュニケーションのツールの1つで重要なものだと思い、普段から大切にしようと心掛けてきましたが、まさかいつもの挨拶が褒められることになるとは思ってもいませんでした。

これから社会人になっても、高校生活で身に付けた挨拶をはじめとするコミュニケーション能力や簿記、パソコンなどの技能を伸ばし、少しずつ成長しながら、明るい事務員になりたいと思っています。

 

〈校長先生のメッセージ〉

天才歌人と言われた石川啄木に、「不来方のお城の草に寝転んで空に吸われし十五の心」という短歌がある。

15歳の頃、不来方城、現在の岩手県の盛岡城の草の上に寝転んで、遥か彼方まで広がる青空に吸われるような、大きな夢を抱いた頃のことを歌ったものだ。

皆もその啄木と同じ年代にあって、この度、内定を貰った。ひと安心したのと同時に、就職したらああしたい、こうしたいと思って、新たな夢や希望を抱いているに違いない。また、そうであってほしい。

以前、皆と同じ年代の生徒たちに、「なぜ学ぶ?」、「なぜ勉強する?」と尋ねたたことがある。20年も前のことだ。

色々な答えが返ってきて、それらをまとめると、「自分なりの幸せ」を掴むために学ぶんだということになった。

そして次に、「幸せ」を感じるのは、どんな時かと尋ねたら、また色々返ってきて、「人の役に立つ・人から必要とされる・人に褒められる・人に愛される」という四つだということになった。

そこでさらに、その四つが叶えられるのはどんな場面かと尋ねたら、それは「仕事」をもって働く時だというところに落ち着いた。

私は、40年も教員をしてきた。今日、朝から、私のところへやってきた先生は11人。

何かしらの報告や連絡があり、いくつかの相談を持ち掛けられた。

そして、私の責任の中で判断したことで、何かしらの役に立つことができたようで、自分が必要とされているという感触を得ることができた。直接的に褒められてはいないが、「ありがとうございます。失礼しました。」という、校長室を後にする姿から、自分が褒められた時にあるような「喜び」を感じることもできた。

そのある四つ目の、「愛されている」私かどうかは、わからないが、私が「仕事」をしたことで「良いことをしたなぁ。良いことができたなぁ。」という思いとともに、自分なりの「幸せ」を感得できたように思う。

そこで、今とは時代も場面も違うが、「仕事」を持つことで得られる「幸せ」いっぱいの詩を紹介しよう。〈紹介する〉

作者の浜口さんは、現在のRJが、「国鉄」、つまり「日本国有鉄道」と呼ばれていた時代に、そこの職員として、駅の便所を掃除する仕事をしていた。

これはその時の詩だ。仕事の大変さや厳しさとともに目的、技術、満足感、達成感、喜などが、ユーモラスに詠われている。

詩評には、「誰もが嫌がる仕事に黙々と従っている労働者の眼が、こんなに確かに物や事柄を捉える。労働者である詩人は、それを自分のものとすることができる。ここには怒りと笑いが波うっている。そして、行為そのもので築いていく倫理と叡知がひらめいている。」とある。

どうか、啓陽で学んで社会に巣立つ皆には、この詩の核にあるものを、各自の「内定」の喜びとともに感じ取ってほしい。

この詩を自分の「仕事」の傍らにおいてそれに励んでほしい。

改めて、内定おめでとう。

 

 2021naiteihoukoku1.jpg 2021naiteihoukoku2.jpg

 2021naiteihoukoku3.jpg 2021naiteihoukoku4.jpg

 2021naiteihoukoku5.jpg 2021naiteihoukoku6.jpg

 

 

 

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 
〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS
 TEL 053-420-0431053-420-0431 FAX 053-420-0434
 Mail seitoku@keiyo.ed.jp