お知らせお知らせ

おめでとう。ようこそ啓陽高校へ ー入学式ー

[お知らせ] 2021/04/06

4月6日(火)、入学式です。新入生216名が、啓陽の門をくぐりました。
開式を待つまでの間、保護者の皆様には弦楽四重奏をお楽しみいただきました。また、入学許可時にはBGMとして静かに奏でました。担任の呼名に、元気に「ハイ!」と応じる声には、これから始まる高校生活への意気込みが感じられました。
 
〈新入生代表の宣誓から〉

うららかな春の日、私たち新入生216名が無事入学できたことを大変嬉しく思います。様々な活動が制限される中、入学式を迎えられたことをありがたく思っています。当たり前のありがたさをかみしめ、3年間を過ごしていきたいです。3年間は、短く感じると思います。その中で、様々なことを学びます。新しい環境の中で、「商業」という新しい分野の勉強も始まります。困難や挫折にくじけることなく乗り越え、それを「経験」にしていこうと思います。

〈理事長式辞から〉

本校には、伝統と長い校歴がある。多くの方々の尽力や関わりがあって、今日がある。この伝統と校歴を知り、輝かしい歴史を創ってほしい。高校生活を送るに当たり、校訓「誠実・忍耐・研鑚」を胸に刻もう。自分の可能性を信じ、社会に貢献できる人間になれるよう頑張ってほしい。

〈校長式辞から〉

「命」の安全と、安心な暮らしの回復を願う毎日を送る中、今日、この佳き日を迎え得た。より深い勉学をするために、強く決意して進学したのだから、一層の意志と自覚、将来を見据えた努力をもって「自己実現」を目指して歩み始めよ。独り立ちするのに必要な力を、必死になって得ようとする姿が大切だ。
「学ぶ」という行為には、甘えの許されない、厳しい一面がある。「学ぶ」は、自分のためのものであり、自分の代わりに他の人に学んで貰うことはできない。いつ、何を学んだかということによってこれからの「自分」が決まる。高校生になったのだから、もうワンランク上にあることに関心を持ち、新しいチャレンジと体験を積もう。新しい知識、能力、資格、技術、人間関係などを「学ぶ」ことで、未来がグッと豊かになる。一人ひとりの可能性を引き出せるよう、本校が特色としている「学び」の豊かさと厚みをもって、皆を温かくサポートをしていく。
「学校」でこそ学べることがたくさんある。独りで学ぶことができないことのために「学校」がある。一緒に等質の物事や集団の一人としての在り方が学べるということだ。本校が求める勉学は、これまでとは質も量もより高いものになる。
何れの生徒も「全体」と「個」との間で、揺られながら育っていく。家庭と学校とがその役割を認め、協力し合って育てていきたい。生徒が必要な「学び」を重ね、その毎日が清新で、「青春」に相応しい感動で満ち満ちたものでありたい。
 
2021nyugakusiki1.jpg 2021nyugakusiki2.jpg
2021nyugakusiki3.jpg 2021nyugakusiki4.jpg
2021nyugakusiki5.jpg 2021nyugakusiki6.jpg
2021nyugakusiki7.jpg 2021nyugakusiki8.jpg
2021nyugakusiki9.jpg 2021nyugakusiki10.jpg
2021nyugakusiki11.jpg 2021nyugakusiki12.jpg
2021nyugakusiki13.jpg 2021nyugakusiki14.jpg

 

 

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 
〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS
 TEL 053-420-0431053-420-0431 FAX 053-420-0434
 Mail seitoku@keiyo.ed.jp