お知らせお知らせ

菜の花に囲まれて ー第15回入学式ー

[お知らせ] 2020/04/07

4月7日(火)、入学式を行いました。
感染症対策のため、時間を短縮し、「三密」を避けて行いました。テクノロードの桜も満開を迎え、暖かな入学式日和。校舎をバックに記念写真を撮る新入生の姿がたくさんありました。今年も地元の松浦千枝雄様のご厚意による菜の花で飾り付けをし、ステージに加え体育館の入口にも飾りました。新入生は209名。新入生宣誓では、木下さんが力強く誓いの言葉を述べました。
 

〈理事長式辞から〉

新入生を迎え、今年も新年度がスタートした。
14年前の開校時、当時の県知事から「浜松啓陽高校は、県としては21年振りに新設の私立高校であり、皆が注目し、期待している。是非、よい学校にしてください。」と言っていただいたことを思い出す。
学園は、今から96年前、荻原閑先生によって創立された。先生の夢は、「商業の専門的知識、技術をもって、社会に役立つ人材を育てる。」ということだった。若干24歳の若者の、大きな夢と小さな学び舎が、現在の浜松啓陽高校の原点だ。そして、これまでにも本学園は、第二次世界大戦、浜松大空襲による校舎消失など、幾多の歴史的な困難を乗り越えてきた。その長い校歴の中で17,000人の卒業生が地元経済の発展に寄与している。
母校となる学園の歴史と学園の魂は、今日こうして209名の新入生の皆さんへ確実に引き継がれることとなる。それをしっかり受け止め、その一人となる自覚と誇りを持ってほしい。昇降口正面の校訓碑に刻まれている「誠実・忍耐・研鑽」は、「何事にも真面目に誠心誠意、粘り強く取り組み、自分を磨き清めよ。」という意味である。学校生活の指針として頑張ってほしい。
本校での3年間が、真に実り豊かなものになることを祈念している。

〈校長式辞から〉

福島県生まれの詩人、杉山平一に「桜」という詩がある。桜の花びらの小さな切れ込みは、神様がハサミを入れたもので、その形は、これから旅に出る人が乗る列車の「切符」ようだと詠っている。皆は、その「切符」を手にして啓陽生となった。高校へ進学したのだから、一層強い意志と自覚、将来を見据えた粘り強い努力をもって、三年後の「自分」に向けて歩み始めよ。
「青春」という時代は、まさに溢れる若さをバネにして独り立ちする時代。これから様々な悩みを乗り越え、「学ぶこと」や「生きること」の意味を探していくことになる。本校では、勉学、読書、スポーツ、また様々な行事などを通して新たな出会いと感動を味あわせていく。
皆は氷山と同じだ。見える才能、資質は極わずかでしかない。わからないことばかりで、「未知なる自分」とともに悩みながら過ごすことになる。そこで大いに学べ。
初めて自転車に乗れた、初めて泳げたり、逆上がりができたりした時の、その瞬間の喜びを覚えていよう。ある人の「跳び箱」という詩の一節に、
   一段しか飛べなかった あの男の子が 
  二段を飛べるようになったその時の喜びは 
  十九段が限界だったトップアスリートが
  二十段の壁をクリアした その瞬間の震えるような感動と
  きっと まったく変わらない

とある。そのとおりだ。本校はそうした喜びを与え続ける学校でありたい。
以前、学校近くで、昭和一桁生まれの方に、三方原開拓について聞くことがあった。地域特産の馬鈴薯の植え付けをしていた。その方が、「ここは、啓陽高校が建つずっと前、電気もガスも水道もない時代、旧日本軍が射撃訓練をした時の砲弾の跡かも知れないが、辺りに大きな穴がいくつも開いていて、その底にゴザを敷いて子どもを寝かし、開墾してね。今は学校が建って、こうやって野良仕事をしていると、こんなお婆さんでも後ろから啓陽生が挨拶してくれて、感心だよ。」と話してくれた。そこに、本校で学ぶ、皆の先輩の姿がある。
今よりも、もっともっと平和を必要とした時代が、そう遠くない昔にあった。その時代を一生懸命に生きた方々が腰をかがめて汗し、その汗を染み込ませて切り開いた大地に本校がある。花の季節が終わり、若葉の頃を迎えると、学校周辺のそこここに小さな薄紫色の、この地方特産の馬鈴薯の花が咲く。今日から「浜松啓陽高生」として相応しい学びを重ね、ここ三方原の大地に「学校文化」の花を咲かせる一人となろう。

〈新入生誓いの言葉から〉

新型コロナウイルスの影響で、入学式ができない学校もある中で、私たちは恵まれた環境にいることを忘れない。これから3年間の高校生活を有意義に過ごしたい。浜松啓陽高等学校の校訓である「誠実・忍耐・研鑽」のもとで努力を惜しまず、色々なことにチャレンジしていきます。不安を感じた時には、友人たちと助け合い、夢の実現に向かって努力することを誓います。

 

2020nyuugakusiki1.jpg 2020nyuugakusiki2.jpg
2020nyuugakusiki3.jpg 2020nyuugakusiki5.jpg
2020nyuugakusiki7.jpg 2020nyuugkusiki8.jpg
   

 

 

月別一覧

学校法人 清徳学園 浜松啓陽高等学校 
〒433-8101 浜松市北区三幸町421番地 ACCESS
 TEL 053-420-0431053-420-0431 FAX 053-420-0434